効果のある資格対策勉強術

学生時代から、私は暗記タイプの試験の時は自分でノートをまとめなおすという方法をとってきました。

効果のある資格対策勉強術

学生時代から

学生時代から、私は暗記タイプの試験の時は自分でノートをまとめなおすという方法をとってきました。
なので、暗記しなければならない資格試験の時も同じように、ノートにポイントをまとめ、暗記する言葉は赤ペンで書き、赤い下敷きをかぶせて、何度も何度も自分で作ったノートを解いて覚えます。最初は書きながら解いていき、慣れてきたらぶつぶつと念仏のように繰り返すのです。

私が取得した資格は、秘書検定と色彩検定なのですが、暗記の部分も多かったので、これでかなり覚えられました。
秘書検定は準一級から面接が試験に追加されるのですが、これがかなりの難関でした。
一度、自己流の勉強だけで臨みましたが、面接だけ落ちてしまったので、市販のビデオを見て、会社の秘書の先輩にも相手をしてもらい、アドバイスを受けながら何度も練習をしました。

秘書検定の面接は、丁寧な言葉遣いなどの他にも笑顔や身だしなみ、声の大きさなども求められるので、相手がいて練習するのがとても効果的でした。
おかげで二回目の面接は合格できました。

Copyright (C)2017効果のある資格対策勉強術.All rights reserved.