効果のある資格対策勉強術

私が、効果のある資格対策勉強術と聞いて思い浮かべるのは、「過去問や予想問題を利用した問題演習をできるだけ多くこなすようにする」という勉強術です。

効果のある資格対策勉強術

私が、効果のある資格対策勉強術と聞いて思い浮かべるのは

私が、効果のある資格対策勉強術と聞いて思い浮かべるのは、「過去問や予想問題を利用した問題演習をできるだけ多くこなすようにする」という勉強術です。

資格試験を目指して勉強する場合、多くの方は、まず、テキストを読み込むなどして、とにかく、少しでも多くの知識を自分の頭に詰め込もうとする思うのです。
そして、しっかり知識を詰め込んでから、問題演習に移ろうとするのではないでしょうか。

でも、そうやって闇雲にたくさんの知識を詰め込んだとしても、その全てが資格試験に出るわけではないですから、出題されなかった部分に関して知識を詰め込んだ労力や時間は無駄になってしまって、非効率です。
それに、仮に頑張って知識を詰め込んだ範囲が資格試験に出たとしても、問題を解く練習が不十分になってしまうので、試験本番で「知識はあるのに、活かし方が分からないせいで問題が解けない」ということにもなりかねません。
その点、問題演習に力を入れる勉強術を実践していれば、問題を解き、解答・解説を読み込む中で、自然と、出題されやすい重要な範囲に的を絞って知識を頭に入れていくことができますし、知識の活かし方も同時に身についていきます。なので、試験本番でもスムーズに問題を解きやすくなって、資格試験に合格しやすくなるのです。

過去問の傾向がある程度定まっているのであれば、どんな資格の勉強にも活かせる勉強術だと思います。

Copyright (C)2017効果のある資格対策勉強術.All rights reserved.