効果のある資格対策勉強術

学校に通い、漫然と授業を受けていた学生時代とは異なって、社会人になりますと、資格の勉強をするにしてもひと工夫が必要ですね。

効果のある資格対策勉強術

学校に通い

学校に通い、漫然と授業を受けていた学生時代とは異なって、社会人になりますと、資格の勉強をするにしてもひと工夫が必要ですね。残業の多い仕事や過度なストレス、職場でのお付き合いに誘われるなどで、学習時間の確保が難しいという方も多いようですね。
社会人にとっての資格の勉強は、まず費用対効果を考えねばなりません。なるべく短時間で、できうるならば、少ない投資で合格したいというのが、多くの受験生の本音ですね。そのためにはまず効率よくできる勉強方法や手段からはじめなくてはなりません。
最初に、自分が自宅学習できる独学タイプなのか、それとも勉強仲間に切磋琢磨されてがんばれる通学派なのか、考える必要があります。
前者の場合ならば、市販のテキストか通信講座を選ぶ道があります。この場合、テキストの選び方と時間配分に十分に配慮する必要があります。途中で飽きて挫折しないように、自分にあった教材選びをしましょう。
後者の場合は費用が高くなりますが、独学よりは刺激が大きい環境で勉強できます。また最新の試験情報も入手しやすく、対策も立てやすいメリットがあります。
ただし通学時間や交通費がかさむというデメリットもあります。
私は市販テキストでの独学派ですが、まず基本書でひととおりの知識を学んだあとは、ひたすら過去問で演習をくりかえしています。本番の試験と同じように時間を計って、ペース配分に慣れておきます。また試験に出やすい部分の特徴がわかり、自分の苦手分野をしっかり把握して克服することが大事です。
一日にテキスト何頁、この日までに練習問題をやり終える、などの細かいゴールを設定しておくと、進捗状況が分かって良いですね。

Copyright (C)2017効果のある資格対策勉強術.All rights reserved.